地味🍃な作業ほど重要

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

水戸部塗装、塗装部の市川です。

今日は、天童市内T様邸にて主に外壁の下地調整(ひび割れや旧塗膜の浮き、剥がれ等の補修)と外壁下塗りを行いました。DSC_000001_crop_432x432                                                                                                                                          DSC_000001

クラック(ひび割れ)が多くあったので補修忘れの無いように、とくにサッシ廻りや軒天廻り、なかなか目の付きにくい所を古城さんとの二人体制で重点的に確認。補修の際はクラックの奥まで、補修材がしっかり入り込むように目で確認しながら注入していきます。外壁の角の部分の欠けてしまってる箇所も新たに補修材にて形成し出来る限り元通り以上を目指します😏

仕上がり後は見えなくなってしまう地味な作業ですが、ここを丁寧にしておかないと数年後に間違いなく大きな差として表れてきます…。

そして、お昼にはT様よりたけのこ汁を頂きました。(^_^)とっても美味しかったです🎵自分の場合、なんだかこういった旬の味覚はお客様から戴くことの方が多いようなき気がします(^^;

本当にご馳走さまでしたm(__)m

明日も笑顔で頑張ります。

 

………ところで…たけのこって何なんですかね??装飾とか家具に使われたり、竹刀になって振り回されたり、食べると美味しい………

ってことでwikiで調べたらイネ科なので”草”だったんですね……

気になったら調べたくなっちゃいますね(笑)もちろん仕事も同じです😏

 

 

 

 

お初にお目にかかりますm(__)m

初めまして。水戸部塗装、塗装部、職人の市川 拓麻です。少し自己紹介を…

農業高校在学時、就職活動中に求人表にてこの会社を知り、

「なんだか楽しそう…」

と直感で応募し、色々とご縁があり入社しました。今年で6年目になります。

ベテランの先輩方に比べればまだまだですが自分の長所はしっかり理解しているつもりですので、この長所を最大限に活かし、お客様の笑顔のため、これからも日々全力で仕事に向き合っていきます。

また、このブログを通して塗装屋さんの仕事を少しでも多くの方に知ってもらい、身近に感じ興味を持っていただければ幸いです。

読みにくいこともあるかもしれませんが、よろしくお願いしますm(__)m