ガラッとイメージチェンジ!

どうもおはようございますこんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。

んー、今年は長い梅雨でしたね。

ジメジメしてると体感温度も上がって不快ですね

湿気が嫌いな私は家に帰ってから朝までエアコンフル稼働

電気代は見ないことにしてます。。。

では、
先月は寒河江市内、T様邸塗り替え工事を担当させていただいておりました。

まずは雨養生から、、


天気予報を見れば、連日☔マークばかりでしたので今回は少々頑丈にしました。

各段、雨養生の隙間は30センチ以下

横雨が降っても壁が濡れることはありません。

んで
各所、錆部分のケレンから。大事です


そして錆止め

んで、
破風は板金屋さんに雨樋を撤去して貰った後に全面錆止め塗装。

んで

なるべく目立たないようにコーキングにて補修。

んで
外壁シーラー塗装を行います。

今回は外壁補修後、水性シーラー~水性フッ素上塗り2回塗りになります。


塗り塗り、

濡れ色になるので目で見て塗り残しなく。


軒天も各所パテにて補修後に同様に水性シーラー
を塗装していきます。

一階の外壁はもともと濃い色からの仕上げは白系の上塗りになるので仕上がりを考慮し下塗には肉付きのよい水性フィラーを塗装していきます

そして2階上塗り。

深緑色でかつ艶を落とし、落ち着いた印象に。

フッ素ですので永くこの色合いを保ってくれるはず。

んで

一階はこんな感じのクリーム系の色に。

明るい色にイメチェン

その分既存のクラックや穴等は目立ってしまうのでしっかり補修した後に上塗りを行いました。

んで、
軒天上塗り

これまたガラッと変わりましたね。

お客様チョイスですが抜群のセンス!

塗っていて楽しくなるくらい建物のイメージが変わっていきますね


ぬりぬり

面積の大きいところもあるのでなかなかいい感じ。

んでんで

幕板下塗り

からの

他と統一感を出すためにフッ素の白系塗料を上塗り。

ベランダ手摺も

密着の良い錆止め兼プライマーにて下塗り

からの


分かりにくいですが、上塗り2回

こちらは幕板と同じ白系フッ素

下地がフラットですので表面の仕上がりを吟味します。

んで

軒天などについてる照明や金具もしっかりケレンしたのち錆び止め~上塗りを行っていきます。

と、こんな感じで、梅雨でも問題なく作業出来てます。

屋根は晴れ間を見計らっての、塗装になりますが

後半に続く、、、

それでは

私の自撮り&屋根塗装

どうもおはようございますこんにちは、こんばんは
水戸部塗装の市川です


お梅雨ですね


洗濯物の生乾きと、お部屋のカビにご注意ください

サーキュレーターと除湿器必須ですねホント

ただいま自分は寒河江市内のお家の屋根、壁、全塗装を担当しております

この間は天気の良い日が続いたため効率よく屋根塗装を進めることができました


んーー良き空。

朝の青空から始まり

(反射のせいで仕上げに見えますが)
まずは錆止め兼プライマーを屋根全面に塗装していきます

と言っても錆びているわけではなく、塗膜の劣化が少し進んでいるので密着を高めるためと

仕上がりのムラをなくすために塗ります

今回は錆止め→上塗り二回となります

錆止め

錆止め

んでんで

上塗り
2回塗りだからと言って1回目での塗り残しは厳禁

2回目で塗り残しを見つけるのは大変ですし、対候性も劣りますので


塗り塗り


んでんで

塗り塗り。。。。
梅雨時期なのに足の裏が熱いほど晴れてよかったよかった

けど実は

途中数キロ先に雨のカーテンが、が、ががが。

雨雲レーダーと照らし合わせてもほぼピッタリの精度

流石ひまわり

一応様子見してましたが、よっぽど私の日頃の行いがよろしいらしく

こちらは一日中晴天

少しは曇ってもいいのに

そんなこんなで上塗り一回目完了

次は天気のいい日に仕上げて屋根は終わり

あ、そうそう、自撮りをば










タオル巻いて屋根仕様、、、
タオルはとりません、目に毒です。

塗装屋に水気は天敵ですが実は常に水気と隣り合わせなんですよね

特に私は汗腺が緩いためこうでもしないと屋根に汗が落ちてしまうんですよ

今から塗るところに汗でも落としたら塗料なんて秒で剥がれるので

(当たり前ですがそれが分からん人もいるとかいないとか)

汗にはめちゃくちゃ気を使います

万が一屋根上でこの格好を見かけても

だいたい私ですのでご安心を。

それ以外で見かけたらご通報を。

それでは。。。

寒河江市内アパート塗り替え工事part3

どうもおはようございますこんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。

報告part3です。

まずは階段室


色々と試行錯誤しながら養生と梯子と脚立を使い、作業しやすい環境を構築していきます。

幸いにも入居者様がまだほとんど居ませんでしたので人通りはほとんどありませんでした。

んでんで、まずは天井

足元確認しながら。
面積が大きいのでムラが目立たないように気を付けながら作業します。

また、屋内なので臭気が充満しないように送風機で常に風を送りつつ対応します。

んでんで、

施工法方は外部と同じく
下塗り~上塗り二回になります。

ただ、室内で暗くなりがちなので上塗りの色は明るい白で。。
人も通りますので雰囲気はなるべく明るい方がいいですもんね。。

こんな感じに仕上がりました。
だいぶ明るいイメージになりましたね。

もともとザラザラしていた壁も塗装することで肌触りがツルツルするので、万が一人がぶつかっても肌を傷付けることが無いのもよきよき。

その他、入居者様が使う物置も


↑ケレンbefore~after
錆が酷いため、全面、工具にて錆落としします。

んでんで


全面錆止めを塗装し

上塗り二回(フッ素塗料

んでんで、側面も同じく、錆落としの後錆止め。
)
そして上塗りの二回

だいぶ丈夫な物置になったのではないでしょうか。

と、こんな感じですべての塗装工事が完了。

んー、高級感のある色合いで、良き。

ご入居者様には工事期間中の塗装工事へのご協力有り難うございました。

また弊社を選んでくださったオーナー様有り難うございました。

寒河江市内アパート塗り替え工事part2

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。
前々回のブログの続きになります。

まずは屋上防水工事。

綺麗な仕上がりですね。2棟分ですのでかなりのボリューム。
常時3人程での作業によりスムーズに進みました。
工事期間中は陽射しが強く季節外れの暑さでしたが、防水工事業者の方々お疲れさまでした!

んでんで塗装の方はというと、、、


↑外壁下塗り。
下地の目が荒く劣化により細かい無数のひび割れがありましたのでいつもより希釈率を低くし調整。


もともとの素地が

↑こんな感じ、からの

(写真だと分かりにくい)
細かいクラックや素地に含まれていた骨材の剥き出しを抑えます。

んでんで、

上塗り。
二階の外壁は高級感のある濃い藍色。
色飛びしやすい色ですがそこは弊社。高耐久フッ素塗料にて対応。
末長くこの濃紺を保つはず。


↑2回目
肉付きの良い塗料を2回塗りですので表面は滑らかな仕上がりに。

んでんで、天井も

淡いクリーム色で明るい仕上がりに。
ツルツルしてるので汚れもつきにくいはず。


2回塗り仕上げ。

んでんで

前回下塗りを行った箇所
色は金色になります。
と言ってもピカピカ反射で何がなにやら。。
角度によってはしっかりゴールドです。
同じく金色で鉄骨、手摺りを塗装。

このような金色、銀色の塗料は刷毛やローラーの,繋ぎ目,が凄く目立つので気を付けながら塗装していきます。

幕板も

雨樋も同じく金色で。


2回塗り
とくに幅広く面積の大きめな所をムラ無く仕上げるのはプロの腕の見せ所。
藍色と金色の相性も抜群。
各所鉄骨、手摺りは
ケレン→錆止め→上塗り×2回
錆が特に酷い箇所は
電動工具にてケレン→2液型浸透型錆転換剤→錆止め→上塗り×2回
となります。


こんな感じ。
また、水が溜まって錆が進行してる箇所はドリルにて水抜き穴を作り、これ以上錆が進行しないように対応。
色々てんこ盛りの工事ですが抜け目なく。
part3に続く。。。

N社様、鉄門塗装工事

どうもみなさんおはようございますこんにちはこんばんわ!
水戸部塗装の市川です。

現場報告いきますね




こちらが今回塗っていく物になります。
年中、雨風雪直射日光が当たっているためだいぶ錆びが進んでおります。

これら錆を電動工具で落としていきます。ケレンってやつですね。

やっぱりヒドイ錆落としは電動工具には敵いませんな。

↑写真だとちょっと分かりにくいですがafterになります。最初の写真と比べて赤っぽい錆がなくなってるのが分かります。

んでんで

錆止め塗料を塗装していきます。
今回は錆が酷かったので強溶剤2液型の錆止め塗料を仕様しました。
錆部を完全に覆うように、かつ肌の悪いところには擦り込むように塗っていきます。

んでんでんで



上塗り完了。
上塗りはもちろん2回塗り

んで
スズメバチの腹

注意喚起のポールも強溶剤2液型錆止め塗料下塗りのあとに2色塗り分けにて仕上げ。

直射日光から隠れる場所がなくて暑かった。。
鉄門の気持ちが分かりました。えー

それでは

寒河江市内 アパート塗り替え工事

どうもおはようございますこんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。

春は無くなりました。

この間はいきなり真夏日のところもあったらしいですね。
適温ってものを知らないんですかね
近ごろのJapanは。

そのうち秋も無くなって四季→三季→二季になるんですかね、嫌ですね。

なんなら春と秋の二季がいいです。

んで、先週より寒河江市内のアパートの塗り替え工事を行っております。

屋根は防水工事その他は全部塗装、の建物が2棟となかなかのボリューム。

入居者様も勿論居ますし閑静な住宅地ですので近隣の方のご負担を減らすためにもスピーディーに完工出来ればと奮闘予定。

んで、今回は屋根(屋上)に関してはすべて大規模な防水工事を行いますので、塗装部の出番は無し。防水工事屋さんにおまかせです。勿論、多少は絡むところもありますのでそこはしっかり相談しながら。

こんな感じ。
語彙力不足のため詳しい説明は次回にしますが、とっても丈夫な防水工法になります。
写真2枚目は特殊な機械を使用しながら熱で防水シートを癒着させてるワンシーンです。

防水は自分も分からないため色々とプロに聴きながら、なるほど👀メモメモφ(..)という感じ。

勉強になりますね。防水工事を行えば雨が降っても安心だと思えるのは当たり前ですが、防水工事の中身の理解が深まるほどより安心できますね。

それだけ複雑かつ大規模な工事なんですね防水工事は。

その間、塗装部の方は着々と養生作業と鉄部錆止め塗装を進行中。

写真は塩ビ鋼板に密着に優れ、塗膜汚染されにくい塗料を下塗りしてるところ。

材質、状況に合わせて2種類のエポキシ塗料にて下塗りが必要なところは全て塗装しておきます。

これだけでもなかなかボリューミー。


既存の劣化、錆びたビス、金具も新品に交換しておきます。

その他、塗装前の準備、下処理がありますが確実に行っていきます。
このまま晴れと適温に恵まれるといいんですが。

そういえば今年は花粉症がすごく軽いですね。治ったのかな。
同じ人います?

それでは。。

寒河江市内S様邸塗装工事part2です。

春ですね。

水戸部塗装の市川です。(花粉症、序章)

対策として、目薬(坑ヒスタミン2倍のやつ)。

耳鼻科で処方されたアレルギーの飲み薬、アレジオン、去年のアレグラ、のどぬ~る、食生活改善。トマト

その他諸々フル装備にて安心快適に仕事中。。。まぁどうせ落ち着いてるのは今だけなんだろうけど

前回の続きになりますね。


軒天のビスの錆止め

照明の鉄部の錆止め、after撮り忘れです。。。


使わなくなった煙突、旧配線、パイプ、全撤去
撤去後の跡もパテで埋めたり削ったりしてなるべく目立たないように処理します。


軒天劣化部分のケレン作業などなど、前回で説明し忘れてましたけどその他色々と塗装前の準備がありました。

それらを経ての仕上げ塗装です。


淡い色でしたのでうまく色が被って仕上がるか不安でしたが下塗りの厚塗りと上塗り2回でしっかり仕上がりました。

よかった。

軒天も仕上がり。

でも外壁、軒天が仕上がってからがまた大変でして。。




これら木部に浸透系の塗料を塗っていきます。

水のようにシャバシャバしているので刷毛の毛先から跳ねて外壁を汚すことのないように慎重に塗ります。

特に雨が当たりそうだなぁ、って思ったところは塗り重ねを行い常に耐候性を意識。

もちろん仕上がりムラにも気を付けてですけど。。

材料、メーカーによって決められた仕様はあくまでも最低限。

それ以上は作業者本人次第で。
知識と経験で差がつくところ。
がんばります。

あと腰壁の塗装、ここの色が変わるだけで建物のイメージがガラっと変わりますね。。

もとはこんな感じ。細かい塗膜の荒れは擦り落とし、ひび割れはパテで埋めます。
んで、下塗り
(左側が下塗り、右側が上塗り)


元々の模様もあってか明るい木目調に見えていい感じですね。個人的に好きです。

外壁と腰壁の間の水切りは黒で。
濃い色を挟むとビシッとなります。

その他、鉄部も錆止めから塗装


んで上塗り、、、は黒系の仕上がりなんですが写真がありません。

んで、その他塗装可能かつ劣化してる部分も全塗




↑の分電盤とか勝手口のフラットな部分なんかはより一層表面の仕上りに気を使います。

んでんで、一部アクセントとして色分けを行いました。


目立つところですのでいい感じ。

あ、写真無いですけど破風、雨樋、も勿論すべて塗装です。それはいつも通り。

ボリューミーですけど天気がいいお陰で捗りますね。
次回は玄関付近の進捗報告しますね。

それではまた。

寒河江市内s様邸塗装工事

おはようございます、こんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。
今回は先日担当させていただいた寒河江市内S様邸の塗り替えの様子を。


まずは錆止め

そして下塗り~上塗り





劣化の激しい素地にはサーフェーサーをスリ込むように塗装

比較的軽度の劣化箇所には2液型のシーラーにて対応。

途中見つけた大きめのクラック、ひび割れにはウレタン系パテにて補修。

サイディング部、モルタル部で仕上がりに大きく差が出ないように希釈率を調整しながらの作業。
上塗りは淡い黄色にて全体的に明るめにイメージチェンジ。

例年よりも暖かく雪の影響も少ないため比較的作業しやすく捗りました。
引き続き次回は各所仕上げ工程をご紹介します。

寒河江市内k様邸塗装工事part2

どうもおはようございますこんにちは、こんばんわ。
水戸部塗装の市川です。
。。。
毎年この時期はカカトが割れるんです。
だいぶ前に知り合いから重度の乾燥肌に効く、、かも、、と言われた馬の油?的なやつをもらいました。
約2ヶ月使用しましたがこれといって改善せず。。
たまに靴下が赤くなります。

前回の続きになります。


外壁仕上がり後は幕板、その他各所劣化している所を下処理後塗装。

色合いは艶を落とした黒 

艶ありもいいのですが、外壁自体がつやつやの白に近い色ですので、全部ピカピカにするよりも所々艶を落とした落ち着いた色を持ってくることで全体的に安定感のあるというか締まるというか(語彙力不足)
上品な感じに仕上がりました!

対して雨樋は破風と統一感をだすため艶ありに。

んで、軒天はなるべく既存のイメージを壊さない色に。

もともとの軒天の模様が一色ではなかったので折り合いをつけるのが大変迷いましたが仕上がってみるといい感じ。

経年劣化による部材の浮き、ズレも補修しました。

こんな感じに仕上がりました。
約1ヶ月間、工事にご協力いただいたK様ありがとうございました。
また、一服のお気遣い等ご馳走さまでしたm(_ _)m