寒河江市内Tコーポ様part2

どうもおはようございますこんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。

前回の中塗り(凹部分)の上に凸部分の色を塗装していきます。今まででも何回か紹介したダブルトーンという塗装方法です。
使用するローラーは凸部のみを塗装するための毛丈の短いものでかつ、長時間の使用でも毛抜けなどしないようなものを吟味。
シビアでかつ自分の望むような仕上げにするときの道具選びは慎重にですね🍀
ローラーの幅も広すぎると大味な模様になってしまうため細かい調整が効くように小さめのローラーを使用しました。時間はかかりますけど仕上げのためには仕方ないですね。

目標は張り替えたように見せること、笑ですので、シール部分や板の取り合いなはキレイに残すように心がけました。

1人か二人作業で延々地道な作業でしたが、最後まで集中力を切らさずに塗装できた、、、と思います。。
ちょっとはみ出たところもありましたが汗💦もちろんその都度目印を付けしっかりタッチアップ。
もちろん凸部分は二回塗りですので合計上塗りは三回塗り。
かなり丈夫な塗膜になったことでしょう😉
part3に続く、、、