寒河江市内Tコーポ様

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。だいぶだいぶお久しぶりになりましたが現場報告の方を、、、
約一か月ちょい前より塗装工事をさせていただいてるTコーポ様です。今回は、最近自社の工事で多くなっているほぼオールフッ素の仕様です。外壁材も元々意匠性が高いのでなるべくそれらが活かせるように、吟味した色合いでのダブルトーンでの塗装です。

まずはシーラー塗装。外壁はそれほどクラックが少なくパッと見はキレイですが透明なシーラー塗ってみてもかなり色が変化するのが分かります。それだけ色が飛んでいて劣化している証拠です。
塗っている側からしたらどこまで塗っているか一目瞭然でとても作業しやすいですけどね。


そしてベースとなる色を塗装します。外壁に使用するのは2液型のフッ素塗料を使用します。
最終的に凹凸の凹んでいる部分、目地色として残る色です。
今回はなるべく既存の色合いで仕上げます。
けっこう凹凸が激しいので塗り残しの無いように気を付けます。が以外とそれが重労働。面積もけっこうあるうえにローラーで縦横ナナメと転がしますが最終的には力技でグリグリ入れていき腕がパンパンに、、、
また、作業者同士がお互いに確認のしあいながらの塗装作業です。せっかく良い材料を使っても塗り残しがあればそこから劣化が広がってしまっては勿体ないですからね、、、
次回は凸部の塗装の様子を。。
にしてもこの現場もなかなか天気に恵まれず、そんな中でもなるべく問題なく仕事が行えるように雨養生に丸二日近くかかりました。しないにこしたことは無いんですが、今年も残り後一か月。
なるべく晴れが続いて降雪が遅くなればいいなぁと。
それでは;-)