寒河江市内T様邸塗装工事

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。

ちょっと最近は雨が続いておりますねぇ

この前も午後からいきなりの土砂降り。前のブログで土砂降りはテンション上がるとかナンとか言ってるそばからこれですよ。

実際、仕事中に土砂降りはたまったもんじゃないですね。まぁ空が怪しくなってからはスマホの天気予報を見ながら作業し天気急変にも対応できるようにはしてますが。

それにしても洗濯物が乾かない。ローテーション出来るように多めに作業服を買わないと。。

ホントに毎日サーキュレーターにはお世話になってます。

生乾き注意ですよ!?

さて、約1ヶ月半前くらいに着工したT様邸。
今回は軒天以外は信頼できるメーカーのオールフッ素仕様になります。
すべて2液混合タイプかつ高級ですので計量ミスはもちろん確実な塗膜形成のためみっちり正確に計るよう心がけております。

まずは屋根。錆止め兼専用プライマー(下塗り)になります。

屋根に模様が入ってますので塗り残しが無いように気を付けて、といっても下塗りが白いので塗り残しは一目で分かります。

逆に仕上げが黒系なので仕上げにくくはありますけど。。

何気に空の色とのコントラストがキレイ。。。

んで、これが上塗り一回目。
一回目から仕上げるつもりで慎重に塗装。

続いて外壁。
こちらもまず、透明な専用プライマーにて下塗り。
濡れた感じの色になるのでそれを目安にコロコロ


変化はほぼありませんし地味ですが大事なシビアな作業になります。


破風も同じく下塗りから。
大事です。
そして外壁上塗り一回目。

既存より少し暖かみある色合いに。

一階の壁は二階よりも凹凸の激しい模様ですので尚更慎重に

その他、幕板等も同時に塗装


濃い色なので、壁への飛散に気を付けながら

なかなかボリュームのある工事で作業工程も多いですが一つ一つ確実にこなしていきます。
ということでパート2へ続く❗

寒河江市内K様邸塗装工事パート2

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。
例年の梅雨明けっていつ頃でしたっけ???

週間天気予報とか見るとまだまだ傘マークばっかりですねー

今年はなんか5月頃の方が暑かったような。まぁ梅雨明けしちゃえばいつも通りの暑さになるんだろうけど。

今のところはまだ仕事がしやすい気温ですね。雨の降らない曇りが続いてるので(汗だくではありますけども)

んーけどジメジメしてるから仕事がしやすいわけでもないか、

洗濯物も乾かないですしね。生乾き注意ですよ!?

けどたまには雷ゴロゴロの土砂降りもあっていいのかなぁなんて思ったり。

、、、雷ゴロゴロピカピカってテンション上がりませぬか❓

ペンキ屋らしからぬ発言ですねー。。。

前回から少し間が空きましたが寒河江市内k様邸の報告をっと。。

錆びてボロボロだった勝手口は錆止め後に専用のパテを使用し平滑にし上塗り2回
写真にはありませんが鉄枠も同様に下処理を行い塗装。

玄関はお客様の要望で色をもっと暗めにして落ち着いた感じにしたいとのことでしたので

こんな感じに。
左右の鉄格子も濃いめの色で塗装しました。
玄関の天井は色でイメージがガラッと変わるので明るめの色で塗装。



前回のブログでもありましたが、下地が鉄製のため下塗りは2液型のエポキシ樹脂塗料を使用。
おかげで防錆効果はもちろん、上塗りの仕上がりもかなり良くなりました。


最初に錆部への防錆塗料タッチアップ後に計3回塗り。
念には、念を


軒天井は半艶塗料にて塗装。
いい感じに艶消し塗料を適した場所に使用すれば上品になったり。

今回は塗装部が乗り込む前に協力業者のT板金屋さんにて一階の屋根は葺き替え済み。
作業中は傷をつけないように慎重に作業かつクッション性のある素材のものでしっかり養生。便利な道具が増えたもんだ。

お客様の表札もちょっと気になりましたので、漂白、ウレタン塗装、名前も新しく筆で墨入れ?ならぬ黒ペンキ入れ?を行い

ドキドキしながらお客様にお見せしたところ、喜んで貰えたので良かった良かった。
そんなこんなで無事完工。
K様には毎日の飲み物の準備等ありがとうございましたm(_ _)m
また、ご不便をおかけしたところもありますが、工事のご協力ありがとうございました。
またなにかご縁がありましたらぜひ弊社をよろしくお願いします。

寒河江市内k様塗装工事

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんは、水戸部塗装塗装部の市川です。
最近は雨もそれほど降らずに(ここ2、3日は降ってましたが)かといって陽射しがガンガン照りつける訳でもなくなかなか快適に作業できる気温、湿度ですねー。ずっとこんな感じたと仕事も非常に、捗るんですけどねぇ。

あ、じぶん家用にハイパワーサーキュレーター買いました。
これからの時期、に限らず年中通して空調代節約のためにも。
天井が高いので効果抜群。もっと早く買っとくとよかった。
現場報告いきます。

約1ヶ月前からついこの間まで市内k様全塗装工事を、担当させていただいておりました。




外壁、その他付属物のほとんどが金属のため、素地の状況、錆の度合いを見て2液強溶剤エポキシ系塗料、2液弱溶剤エポキシ塗料の2つを使い分け下塗りを行いました。

そして上塗り。しっかり硬化養生をとっての計三回塗り。


屋根は同メーカーの塗料で統一し全面錆止め~フッ素塗料にて上塗り。

外した雨戸も全て全面錆止め

おっとここで大ベテラン職人(今年新入社員の光君)登場。
一体塗装歴何年の大ベテランなのか(3か月目)
半日黙々と雨戸に向かって塗装中。(頼もしい)

そして上塗り二回。きめ細やかな仕上がりのため短毛のローラーを使用。



破風の木部は浸透系塗料を塗装。塗膜の剥がれの心配はありません。。金具、雨樋は錆止めののちフッ素にて上塗り。
写真では見えませんが破風の裏、金具の上部など見えないところもしっかり塗装。当たり前の事ですがお客様からは絶対見えない所も建物や各部材の耐久性、メンテナンスを考えた時に疎かには出来ない大事なところだったりします。年中雨の当たるところなのでなおさら。なので塗り残し無く念入りに塗装。

裏口ドアは錆びてボロボロになった穴をパテにて補修。
なかなかボリュームのある工事ですがひとつひとつの工程を大事に仕上げていきます。
次回へ続く。。。。。

山形市内アパート改修工事。の記録📖

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんは、水戸部塗装の市川です。
冬→夏、中間は無いんだな。この間まであれほど寒かったのになぁ。今じゃ天窓全開、パンイチで過ごせそう。自分が暑がりなだけだと思ってましたが最近はそうでもないようです。
あとクーラーボックス買いました。現場用に。大事に使いたいですね。
現場報告いきます!
前々から弊社が色々とお世話になっておりますh様の山形市内アパートの塗装工事を約1ヶ月半ほど行ってました。


まずは洗浄。

劣化した塗膜を落とすため、手で擦り落とした後高圧洗浄機での二段構え。
洗浄機で落ちない汚れは手で擦って、手で落ちない汚れは洗浄機で。


んで養生作業。
入居者様がよく通る場所は念入りに注意喚起を行いなおかつ毎日の生活に極力影響の無いように気を付けながら塗装作業を行っていきました。

2階の外壁は白

一階は濃いめのグレーにて塗装。
外観の色合いもその時その時の流行りの色があるらしく今回をその時流行りにのってモダンテイストな色合いに仕上がりました



アパートの文字等細かい塗装物も勿論ひとつ残らず塗装します。

屋根もなかなかボリュームがありましたが多いときで5~6人で確認しあいながら塗装しました。

↑プロパン保管庫などの足場解体後の周りの塗装物もしっかり塗装。

基礎も劣化していたのでひび割れ等もしっかり埋めて基礎専用塗料で塗装。
したのですがafterの写真を撮り忘れてしまいました。
けっこうキレイで自然にしあがっていい感じだったのですけど。
と、そんなこんなで無事完工!
長期間塗装工事にご協力いただいた入居者の皆様、ありがとうございました。
またh様にはいつも弊社にご依頼くださりありがとうございました。

上山k様邸貸家塗装工事記録📖

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんは水戸部塗装塗装部の市川です。
またもやだいぶ間があいてしまいましたが弊社はバンバン稼働中❗。
ちょっと前ですが完工報告を。
今回もいつものごとく屋根から壁、その他まで全面塗装になりました。

まずは下準備。経年劣化で木部の痩せ、建物の部材が動くことでできる隙間、ひび割れを埋めます。
んで

下塗り
素地の、劣化が激しいのでマスチック工法にて模様付けを行いました。

んでんで上塗り





↑玄関の木部、ボロボロだった天井もしっかり剥離の上仕上げ

オイルタンクも錆止め、上塗りまでしっかり行います

んで最後に外した格子を取り付け。

もともと、ビスの錆、本数不足でちょっとカタカタでした。小さいお子さんがいるお宅ですので万が一に備えてビスは既存の倍の本数、取り付けに適しているものを使用し外れることのないように対策。
その他もろもろありまして無事完工となりました。
ご不便お掛けしましたがお施主様のご協力もあってスムーズに完工できました。お世話様でした❗

寒河江市内Tコーポ様part3

どうもおはようございます、こんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。
前回に続きTコーポ様の塗装工事です。
一番手間のかかる外壁が無事終わりましたのであとはその他の塗装です。ここで使用するのもフッ素塗料。下地の状態を確認しながら、下塗り中塗り上塗りすべてしっかり吟味して材料選びを行います。

破風はすべて下塗りに防錆塗料を塗装してからの上塗り2回です。
その後にT板金さんから雨樋の取り付け。後付けすることで塗り残しや、塗りムラ等がなくなるため高効率です。しっかりした協力業者さんがいるととても頼もしい!

軒天は仕上がりをイメージして少し艶を調整。テカテカし過ぎずに落ち着いた艶に。

文字板の方も劣化していた側面部分を含めプライマー塗布後上塗り2回塗り。色はオーナー様と確認の上落ち着いた色に。

角の柱も結構な数でしたがアクセントとしてちょっと柔らか目の色で塗装。素地がフラットなので塗りムラが出ないように二人で上から下までスピーディーに、塗り降ろします。

各所取り付け物もしっかり下処理ののち上塗りピカピカ

縦樋もばらして端部まで塗装。

足場解体後に残った所と水切りを塗装して無事完了


解体されてからあらためて見てみるといやー大変だったなぁと。
けど手間を掛けただけの仕上がりなったので満足です。
オーナー様、この度も弊社にご依頼下さりありがとうございました。また何かありましたら水戸部塗装をよろしくお願いします。

寒河江市内Tコーポ様part2

どうもおはようございますこんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。

前回の中塗り(凹部分)の上に凸部分の色を塗装していきます。今まででも何回か紹介したダブルトーンという塗装方法です。
使用するローラーは凸部のみを塗装するための毛丈の短いものでかつ、長時間の使用でも毛抜けなどしないようなものを吟味。
シビアでかつ自分の望むような仕上げにするときの道具選びは慎重にですね🍀
ローラーの幅も広すぎると大味な模様になってしまうため細かい調整が効くように小さめのローラーを使用しました。時間はかかりますけど仕上げのためには仕方ないですね。

目標は張り替えたように見せること、笑ですので、シール部分や板の取り合いなはキレイに残すように心がけました。

1人か二人作業で延々地道な作業でしたが、最後まで集中力を切らさずに塗装できた、、、と思います。。
ちょっとはみ出たところもありましたが汗💦もちろんその都度目印を付けしっかりタッチアップ。
もちろん凸部分は二回塗りですので合計上塗りは三回塗り。
かなり丈夫な塗膜になったことでしょう😉
part3に続く、、、

寒河江市内Tコーポ様

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。だいぶだいぶお久しぶりになりましたが現場報告の方を、、、
約一か月ちょい前より塗装工事をさせていただいてるTコーポ様です。今回は、最近自社の工事で多くなっているほぼオールフッ素の仕様です。外壁材も元々意匠性が高いのでなるべくそれらが活かせるように、吟味した色合いでのダブルトーンでの塗装です。

まずはシーラー塗装。外壁はそれほどクラックが少なくパッと見はキレイですが透明なシーラー塗ってみてもかなり色が変化するのが分かります。それだけ色が飛んでいて劣化している証拠です。
塗っている側からしたらどこまで塗っているか一目瞭然でとても作業しやすいですけどね。


そしてベースとなる色を塗装します。外壁に使用するのは2液型のフッ素塗料を使用します。
最終的に凹凸の凹んでいる部分、目地色として残る色です。
今回はなるべく既存の色合いで仕上げます。
けっこう凹凸が激しいので塗り残しの無いように気を付けます。が以外とそれが重労働。面積もけっこうあるうえにローラーで縦横ナナメと転がしますが最終的には力技でグリグリ入れていき腕がパンパンに、、、
また、作業者同士がお互いに確認のしあいながらの塗装作業です。せっかく良い材料を使っても塗り残しがあればそこから劣化が広がってしまっては勿体ないですからね、、、
次回は凸部の塗装の様子を。。
にしてもこの現場もなかなか天気に恵まれず、そんな中でもなるべく問題なく仕事が行えるように雨養生に丸二日近くかかりました。しないにこしたことは無いんですが、今年も残り後一か月。
なるべく晴れが続いて降雪が遅くなればいいなぁと。
それでは;-)

じっくり下準備☝️

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんわ、水戸部塗装の市川です。
また間が空いてしまいました。その間に、いやーすっかり冬ですね、、
自分は寒さには強い方で、ちょっと着込んでは汗だくになりながら仕事してます💦
只今、山形市内、A様邸にて奮闘中💨
今回は屋根以外全塗装予定。まずは雨養生


時期が時期ですので積雪も考慮し、雨養生の勾配もちょっと強めに。
お次は外壁下地調整

もともと新築時にビス穴にパテ処理がされているみたいですが、経年劣化で軽くつつくだけでポロっととれてきます。
とれてきた箇所は、錆が浮いてこないように

錆止めを行ったあとにパテにて対処

なかなかたくさんありますが見落としの無いように気を付けます。


また塩化ビニル部も多々あるため、塗料の硬化不良を防ぐための下塗りも予め塗装しときます。
また灯油の配管も

こんな感じにぷらーんと垂れ下がり状態でしたので、錆びたビス、劣化した金具を新調


その他諸々下地処理を行いようやく下塗りに移行していきます。
外壁の下地は細かいクラックや冬害でのひび割れが多々あるので今回は肉付きのよい下塗り剤を塗装後に上塗りを行っていきます。
次回はその報告を
それでは👋

コーンポタージュが飲みたい

すっかりそんな季節です。水戸部塗装の市川です。
ちょっと、というかだいぶ間が空きましたが汗
現場報告を
只今、寒河江市内、O様邸にて塗り替え工事中🚧
今回もほぼすべて無機成分+フッ素ハイブリッド塗料での塗装になります。
まずは、屋根!
専用錆止め塗料、上塗り2回の計三回塗りです



この時期、夜露で毎回朝になると屋根が濡れてしまっているのでブロワーと吸水スポンジにてしっかり水を取り除きお日様にしっかり乾かしてもらってからの塗装になります。特に屋根の合わせ目はしっかり乾燥確認!
続いて外壁。今回は1階2階の壁の色を塗り分けていきます。まずは2階

なんか雨とか台風が酷かったのでいつもより念入りに雨養生!まぁ、わたくしの雨養生なので壁が濡れることはないでしょう(ドヤ顔)
プライマー塗布

水の染み込みやすい下端も念入りに頭ねじ込んで確認しながら塗装

透明なので塗り残しの無いように慎重に塗装します。
今回はここまで
次回は上塗り+α報告します。
あ、あと自分のスマホ(Xperia)のカメラ部分のガラスが、というか背面全部ひび割れ粉々状態でして笑
写真に変な黒い筋や紫色のオーラが写ってますが気になさらないでください。断じて塗装面が汚れてるわけではごさいませぬ故❕
近々治します\(__)